2009年07月17日

今まで買ったことのないお店で買ってもらうまでのハードルは高いんです


「100円でも送料無料」繁盛店に学ぶ非常識なメール術



また、1回目のメールの件名は、

はじめまして。オシャレ人、こだわり人が集う店。ハンガーのながしおです♪


と、「初対面号」であることを強調するとともに、どんなお店か紹介するのがメイン。「○割引」といった売り文句は極力排除し、押し売りのように捉えられない件名を心がけています。




2回目のメールの件名は、

【初対面第2号】通常購入ポイント10倍!共同購入も最大ポイント10倍中です♪


 と、おトクな情報が盛り込まれていることを強調し「中身を読まないと損だ」と思わせるよう工夫しています。





「一度でも購入した人はVIP扱いにして商品を安く提供するなど、何かしらのおトク感を演出しています。一度購入してもらうまでの道のりも大変ですが、実は、一度購入してくれたお客様を“もう一度”購入に結びつけるのも、かなり大変なのです。そこで一度でも購入した人はVIP扱いにして、“もう一度” 買ってもらおうという狙いがあります。2回購入してくれれば、以降はリピーターになってくださる確率はとても上がります」








今まで買ったことのないお店で買ってもらうまでのハードルは高いんです
posted by wakaseo at 17:49 | SEO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。